×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニキビ跡 ピーリング

【ニキビ跡/色素沈着】ピーリングに不向きな敏感肌の方!

ニキビ跡 ピーリング

ニキビ菌は毛穴につまった皮脂を分解して炎症性の刺激物を生産するニキビの重症度でニキビが跡になるかどうか決まる。この刺激物が皮膚細胞を破壊することでニキビ跡ができます。ニキビが悪化しやすくニキビ跡になりやすいのは硬い肌質の人が一般的になりやすい。軽度なニキビの場合は、炎症は表皮の毛穴周辺で生じるため、ほとんどニキビ跡ができることはない。中度のニキビの場合は、ニキビ菌が生産する刺激物で毛穴を包む毛包壁が破壊されニキビ跡ができやすくなる。重度のニキビの場合は、真皮を構成するエラスチンやコラーゲンが炎症し損傷するため、ニキビ跡がでる。ニキビ跡による色素沈着は、表皮にメラニン色素が沈着して出来る茶色いシミ。ニキビの炎症で表皮の基底層に位置するメラノサイトを刺激するされることでメラニン色素は発生しる。メラノサイト色素沈着は次第に薄くなっていきましが、中には数年間かかる事もある。ターンオーバによって表皮に沈着したメラニン色素が肌の外に少しずつ排出されるため。メラニン色素が真皮に落ち込むと自然治癒は難しい。ケミカルピーリングが色素沈着には効果的。ケミカルピーリングはターンオーバーを促進するため。現在は、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、フラーレンなどを配合するスキンケア化粧品もかなり効果的。 ハイドロキノンなどは皮膚科医も処方する成分でメラノサイトの活動を抑える作用も実証されています

リンク集|123

Copyright © 2009 【ニキビ跡/色素沈着】ピーリングに不向きな敏感肌の方! All Rights Reserved.